東京コンピュータサービス株式会社

導入事例 ②

持株会社 B社

Webサイト上の情報の取得をRPAにより自動化し、正確な資料を作成

■ 導入背景

グループ各社の銘柄ごとの保有株式の当日の売買結果の集計及び、金融系Webサイトより当日の株価を取得し、株の評価資料をまとめる作業を毎日行っていることから、転記量も作業量も多く毎日多くの作業時間を割く必要があった。作業時間短縮とミスの無い正確な作業を実現するため、RPAの導入を検討。

■ 導入効果

グループ各社の銘柄ごとのデータの集計・Webサイトからの情報取得作業をRPAにより自動化。株取引が終了する15:00から18:00過ぎまで3時間以上かかる作業を毎日行っていたが、作業時間は47分に短縮。人手で行う作業は15分程必要ではあるが、大幅に作業の手間も時間も削減され、1時間程で評価資料を経営層に提出可能となった。また、決められた時間内に正確な資料を作成しなくてはならないというプレッシャーから作業者が解放されることで、精神面においても余裕ができた。